クレジットカードのメリット・デミリット

クレジットカードにはメリットとデメリットがあります。メリットとして1つ目は現金がなくても買い物が出来るということです。例えば、高額な商品を買いたい時大量の現金を持っているのはセキュリティ的にも危険ですし、それによって無駄な気も使うことになるので精神的にも負担が大きくなります。

そのようなことを改善するためにクレジットカードは非常に役に立ちます。2つ目は現金がなくてもクレジットカードがあれば買い物できるということは、深夜などに買い物をするためにATMが使えなくて現金が引き出せなくても買い物できるということです。やはり、銀行のATMはいつでも使用出来るわけではなく(コンビニのATMは除く)、コンビニのATMは使えても手数料が掛かり、その点クレジットカードは1、2回払いですと手数料が掛からないので便利だと思います。

3つ目はクレジットカードには様々なお得な特典があるということです。具体的には様々な店が出しているクレジットカードを契約してその店で使用すると、その店のポイントが通常のポイントカードよりも高い還元率で付くという特典などがあります。デメリットとしては、手軽に買い物が出来るのでその反面金銭感覚が狂い、使いすぎがということが発生してしまうということです。

また、高額な買い物の場合、分割払いやリボ払いという支払方法を使用する場合もありますが、分割払いは3回以上は手数料がかかりますし、リボ払いになると高い金利で支払っているうちにどんどん金利も上がって行くので、あとあとしんどくなります。以上のことを考慮に入れて上手にクレジットカードを使用してほしいと思います。


最近は病院でお金を使う


私は去年の暮れから、トイレが近くて困ってしまっていました。頻尿というものです。でも年末は忙しくて、なかなか病院にいくことができないままで大晦日になってしまったんです。

私は、とりあえず近所のドラッグストアで頻尿に効くという薬を買って4日ほど飲んでいましたら、トイレに行く回数が減りました。でもその薬は1700円くらいでした。お正月も4日をすぎて、その薬がなくなってしまって又頻尿になってしまったでした。病院5日にいきましたが、膀胱炎だと診断されてやっぱりそうかと思いました。そのときに、卵巣がはれているかもしれないといわれて、エコーで検査されました。

結局エコーで検査しましたので、薬代と合わせて5000円ほど使いました。膀胱炎の薬を処方されて5日間飲んだのですが、膀胱炎は治ったといわれましたが、頻尿は治っていませんでした。なので、昨日もその病院にいったのですが、頻尿を治す薬だといわれて、診療費と合わせて2000円ほど払いました。

昨日の夜には近所の歯医者にもいきましたので、そこではブリッジを入れたので7000円ほど払いました。お正月から病院でお金を使ってばかりです。50歳を過ぎて病院にいくことが多いです。